睡眠不足は美容の大敵です

睡眠不足が続いたときに、吹き出物が出たり、化粧ののりが悪くなる経験をしたことがある人は多いでしょう。



睡眠と美容は非常に密接な関係にあります。
質が悪くなると、まず成長ホルモンの分泌が抑制されます。

成長ホルモンは肌を含めた体の全てを作るために必要なものであり、不足すると老化が早くなったり、新しい皮膚を作るスピードが落ちます。このことで肌の新陳代謝のサイクルが遅くなります。



その結果、古い角質がいつまでも取れずに残ることでシミやくすみに変化していきます。仕事が忙しく、慢性的に睡眠不足になっている方は、健康にリスクを抱えるだけでなく、美容の面でも良くない状況に陥っていると言えます。
基礎化粧品やスキンケア用品で肌をきれいに見せることはできますが、やはり体の内側から出る美しさは違います。

良質な睡眠を取るためには、自分に合った睡眠時間を把握する必要があります。
心地よく起きられた時間を記録していくことで、最適な時間がわかるようになります。

また生活習慣の改善も必要です。
特に精神的なストレスが溜まっていると寝つきが悪くなるものです。就寝前にコーヒーを飲んだり、スマートフォンの光を凝視することも避けましょう。

十分な時間が取れない場合でも、午前0時頃の段階で寝ていると、質が良くなります。

エステに通ったり、高価な化粧品や健康食品を使うことばかりが美容に繋がるものではありません。生活習慣で簡単に美容効果が得られます。

2ちゃんねるを理解するには正しい知識が必要です。