睡眠美容、肌のゴールデンタイム

美肌を作るのに欠かせない肌のゴールデンタイムについて、肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、この時間帯にいい睡眠がとれるかどうかで分泌量が変わってきます。

美容美肌のゴールデンタイムというのは、もともと、子供の成長を促すホルモンとして知られていましたが、肌の張りや、弾力をキープするのに必要な皮下組織の水分量を維持するはたらきがあります。



美肌美容にを維持するには大切な存在です。ほかの呼び名で、天然の美容液とも呼ばれ、ゴールデンタイムに睡眠をとることが大事です。

FC2まとめついてはこちらのサイトでご確認ください。

これまで、成長ホルモンの肌による新陳代謝がもっとも活発となる時間は夜の22時から深夜2時とかんがえられています。

この4時間の間睡眠をとることで、肌のターンオーバーが促進されるという説がありました。
現代は、22時という時間に眠るというのは難しいと思います。



仕事がおそくまであったり、残業など、そのため肌のゴールデンタイムに眠ることは不可能のイメージがあるとおもいます。


重要なのは質の良い睡眠をとることがが大事です。


肌を若々しくたもつには眠りは必要不可欠です。
寝不足の状態だと、肌の老化がすすみます。


顔や首、胸にシワやシミがおおくなります。

肌の弾力、水分量が少なくなるからです。


深い眠りのノンレム時に成長ホルモンが放出されます。

また、メラトニンがからだの若返りに関係していると考える研究者もいて、必要とするホルモンであることは間違いありません。メラトニンによって、深い眠りを得ることにより免疫力が活性化されます。